githubにupされている処理の再現について

Comments

7 comments

  • Avatar
    Toshiya Nakakura

    ハンズオンのコードを実行してもGatewayは501を返さないはずですので、何かしら環境設定が間違っている可能性があります。

    - ハンズオンのコードはlocalhost:8000へ通信を行いますが、8000番で別のプロセスが動いていてそちらと通信していないか確認してみてください(gatewayのプロセスを落としてrubyを実行してみた場合Failed to open TCP connection to localhost:8000 (Connection refused - connect(2) for "localhost" port 8000) (Errno::ECONNREFUSED)と表示されるかどうか)

    - Gatewayと通信している場合、Gateway側のウィンドウにもエラーが表示されている可能性があり、そちらがわかればもう少し内容が把握できるかもしれません

     

    0
    Comment actions Permalink
  • Avatar
    谷森 靖

    ご回答ありがとうございます。webrtc_control.rbのソース確認したら、portを9000に書き換えていました。

    8000に訂正して実行したところ、エラーは表示されなくなったのですが、ブラウザーからpeer_idを入力してcallボタンを押しても画像は表示できておりません。道のり長いなぁという感じです。

    なにぶんwebrtcの仕様もよく分かっておらず、コードもちゃんと解析できないまま進めています。

    まとハズレな問い合わせでお手数お掛けして申し訳ありません。でももうしばらくお付き合いいただけるとありがたいです。

     

     

    0
    Comment actions Permalink
  • Avatar
    Toshiya Nakakura

    お付き合いしたい気持ちはあるのですが、エラーメッセージすらない状態ですと何がどうなっているのか把握できないため、申し訳ありませんが何もお答えすることができません。

    ハンズオンの資料を編集されているようですが、Google ChromeとgStreamerだけ正常にインストールしていただき、同じカメラを接続していただければ、何も編集しない状態で動作するはずです。

    逆に編集された内容によって動作しなくなっても編集内容がわからずサポートいたしかねます。

     

    0
    Comment actions Permalink
  • Avatar
    谷森 靖

    申し訳ありませんでした。ソースは元に戻しました。

    cmdボタンを押下すると、コンソールに以下のログが表示されているのですがカメラモジュールは動作しておりません。

    SkyWay:  `negotiationneeded` triggered

    SkyWay:  signalingState is have-local-offer

    SkyWay:  Set localDescription: offer

    SkyWay:  Created offer.

    SkyWay:  Setting local description "v=0\r\no=- 7877080652207432762 2 IN IP4 127.0.0.1\r\ns=-\r\nt=0 0\r\na=group:BUNDLE data\r\na=msid-semantic: WMS\r\nm=application 9 DTLS/SCTP 5000\r\nc=IN IP4 0.0.0.0\r\na=ice-ufrag:H8CK\r\na=ice-pwd:9Kbk0YqTThyKWWkeuN30Xcy/\r\na=ice-options:trickle\r\na=fingerprint:sha-256 D9:1E:B5:27:DF:64:0D:78:8C:44:10:32:56:94:87:A4:1E:20:C1:7D:64:00:FC:92:0B:4A:A3:87:62:84:70:D8\r\na=setup:actpass\r\na=mid:data\r\na=sctpmap:5000 webrtc-datachannel 1024\r\n"

    skyway-latest.js:13740

    SkyWay:  signalingState is have-local-offer

    SkyWay:  Set localDescription: offer

    SkyWay:  Generated ICE candidate for: RTCIceCandidate {candidate: "candidate:3099195943 1 udp 2113937151 192.168.43.1…typ host generation 0 ufrag x/iN network-cost 999", sdpMid: "video", sdpMLineIndex: 0}

    SkyWay:  ICE candidates gathering complete

     

    カメラモジュールは、raspberry pi カメラボード v1.3を使用しています。

    コマンド(raspistill -o raspi-camera-1.jpg)をたたくと画像が取得できることは確認しています。

     

    0
    Comment actions Permalink
  • Avatar
    Toshiya Nakakura

    そもそもカメラモジュールが動作していないのであれば、Raspberry Pi側の問題だと思います。

    Raspberry PiにgStreamerはインストールされていますでしょうか?

    またRuby側のターミナルにWebRTC確立後ログが出ていないでしょうか。

    0
    Comment actions Permalink
  • Avatar
    谷森 靖

    ご指摘ありがとうございます。

    ruby側の処理をデバックで確認したところ、webrtc_control.rbの処理の

    gstreamerの起動スクリプトを作成する箇所 port=#{video_port} host=#{video_ip} で値が渡せていませんでした。

    port=" + video_port.to_s + " host=" + video_ip と修正して実行したところ画像が表示できました。

    なんとか、Chapter 2の動作の確認ができました。

    今後はクライアント側で画像編集処理を実装してみようと思います。

    ありがとうございました。

    0
    Comment actions Permalink
  • Avatar
    Toshiya Nakakura

    解決したようでなによりです。頑張ってください

     

    0
    Comment actions Permalink

Please sign in to leave a comment.