Web→Raspberry Piで音声が聞こえない

Comments

7 comments

  • Avatar
    Toshiya Nakakura (Edited )

    video_paramsは映像の情報で、audio_paramsは音声の情報です。

    音声を通したければ音声の設定が必要ですのでaudio_paramsの設定が必要です。

     

    サンプルをご確認ください。

    https://github.com/skyway/skyway-webrtc-gateway/blob/master/samples/media_caller.rb

    https://github.com/skyway/skyway-webrtc-gateway/blob/master/samples/media_callee.rb

    また音声を再生したいのであれば、音声再生用のアプリケーションも必要になります。こちらもサンプルをご確認ください。

    https://github.com/skyway/skyway-webrtc-gateway/blob/master/gst-sample-script/audio_recv.sh

     

     

    0
    Comment actions Permalink
  • Avatar
    Hideki Tsuruoka

    早速、ご返答頂きありがとうございます。
    またサンプルのリンクもご提供いただきありがとうございます!そちらを参考に取り組んでみます!

     

    0
    Comment actions Permalink
  • Avatar
    Hideki Tsuruoka

    素人質問ですみませんが、ご提示頂いたサンプルの実行は下記の手順で問題ありませんでしょうか?
    苦戦してうまく動作せず、、。

    やりたいこと:
    ・Raspberry pi(RPi)とwebで音声ビデオ通話を実現したい
    ・RPi側は映像の受信は不要

    1. skyway SDK(シグナリングサーバ)を起動する
    → $ ./gateway_linux_arm

    2. 映像と音声を使用するため必要なgstreamerを起動する
    今回は音声の送受信と映像の受信を行いたいので3つ起動する?
    → $ ./audio_recv.sh
    → $ ./audio_send.sh
    → $ ./video_recv.sh

    3. web側からcallするためmedia_callee.rbを使用する。
    → $ ruby media_callee.rb

    0
    Comment actions Permalink
  • Avatar
    Toshiya Nakakura

    基本的にはそれであっているので、後は実際にgStreamerがやりとりしている音声やビデオの転送先ポート番号やIPアドレスの設定が間違っているのではないかと思います。
    各shファイルを動かしている端末のIPアドレス、shファイルに記載されているポート番号と、jsonに書かれたredirectの設定は一致していますか?

    0
    Comment actions Permalink
  • Avatar
    Toshiya Nakakura

    Wireshark等でパケットキャプチャしてみると切り分けやすいのではないかと思います。
    https://www.wireshark.org/

    0
    Comment actions Permalink
  • Avatar
    Hideki Tsuruoka

    動作確認できました!ありがとうございます!
    redirect_paramsの記述を失念しておりました..
    あとはpulsesinkではなくalsasinkを使っていたり、サンプルと自分の環境が異なっていることも躓いたポイントでした..。

    受信の際にリダレクトが必要という仕組みは、どこかに参考となる資料が合ったりしますでしょうか?
    ハンズオンの内容や、webのサンプルですと受信側の処理を実装していないことが多く参考になる情報をさがしております。データの流れがイマイチ理解できておらず、図解されている情報がありますと幸いです。
    映像音声に加えて、TCP, UDP周りのネットワーク知識が不足していることも理解に至っていない原因かと思いますがそこは別で勉強致します..。

    0
    Comment actions Permalink
  • Avatar
    Toshiya Nakakura

    大変申し訳無いのですが、ご指摘の通り現状ドキュメント整備が追いついておらず、そのあたりはREST API仕様を確認して理解していただくしかない状態です。

    今後整備する予定ですが、デバッグ方法含め整理する予定ですが手が足りておらず、遅れており申し訳ありません。

    外部開発者の方でQiita等に記事を書いて頂いている方もいらっしゃいますし、本体githubリポジトリへのpull request等も大歓迎です。

     

    0
    Comment actions Permalink

Please sign in to leave a comment.