Avatar

Yusuke Naka

Developer Relations and Technical Solutions Engineer of SkyWay Platform.

  • 合計アクティビティ 472
  • 前回のアクティビティ
  • メンバー登録日
  • フォロー 0ユーザー
  • フォロワー 1ユーザー
  • 投票 0
  • 受信登録 266

アクティビティの概要

Yusuke Nakaさんの最近のアクティビティ
  • Avatar

    Yusuke Nakaさんがコメントを作成しました:

    > クライアント間の通信はポート番号が動的に決まるとありますが、範囲などはございますでしょうか。 UDP1024番〜65535番(エフェメラルポート)の中から動的にきまります。 尚、ポートを固定したい場合は、TURNサーバを強制利用することで、UDP/TCP443番に固定できます。

  • Avatar

    Yusuke Nakaさんがコメントを作成しました:

    I know an article explaining how to use SkyWay with Electron. https://qiita.com/gtk2k/items/6b67011b5e1ea0e29e4b This site is only available in Japanese.

  • Avatar

    Yusuke Nakaさんがコメントを作成しました:

    SkyWayには接続時間を計測する機能はありませんので、お客様のアプリケーションで計測して頂く必要があります。

  • Avatar

    Yusuke Nakaさんがコメントを作成しました:

    音声や映像をTURN、SFUを介してやり取りした場合、SkyWayの通信量としてカウントされます。 尚、スマートフォンなどで利用した場合、モバイルキャリアのパケット通信料は別途発生します。  

  • Avatar

    Yusuke Nakaさんがコメントを作成しました:

    > 電話のように相手をコールしての1:1の音声通話は出来ないのでしょうか? これは、利用者のアプリケーションで実装して頂く必要があります。 一例ですが、 Aが発信時に DataConnectionを利用してBに発信した旨を伝える Bはそれを受けて着信動作をする Bが応答するとDataConnectionを利用してAに応答した旨を伝える Aはそれを受けて、MediaConnectionを利用...

  • Avatar

    Yusuke Nakaさんがコメントを作成しました:

    シグナリングとTURNはセットで利用する必要がありますが、以下の投稿が参考になるかもしれません。 https://support.skyway.io/hc/ja/community/posts/360034233354

  • Avatar

    Yusuke Nakaさんがコメントを作成しました:

    JavaScript SDKについては、ブラウザの対応状況次第となります。ブラウザでWebRTCのビデオコーデックとしてAV1が利用できるようになれば、SkyWayでも利用可能です。 iOS / Android SDK についてはブラウザ対応後に、SDKのアップデートで対応することになりますが、現時点では未定です。 全てのSDKに共通ですが、SFUはVP8のみ対応しており、現時点で拡張の予定...

  • Avatar

    Yusuke Nakaさんがコメントを作成しました:

    詳細は分かりませんが、通信品質が悪く音声品質が劣化している可能性があります。 また、ブラウザに関しては、getUserMediaで音声を取得する際にパラメーター指定が可能です。 品質が改善する可能性もあるため、よろしければ参考になさってみて下さい。   参考: WebRTCで開発者が利用できるオーディオ関連の設定 https://qiita.com/yusuke84/items/842ef4...

  • Avatar

    Yusuke Nakaさんがコメントを作成しました:

    > 同じRoomに13人接続した状態で、安定した動作を3時間程度継続させることは可能でしょうか。 すみませんが、通信環境が安定している場合は、端末の性能やリソース状況に影響されるため、一概に可能とは言えません。 音声のみということなので、比較的端末負荷は軽いと思います。一度SkyWayのサンプルアプリで試されることをおすすめします。 > それはRoomの数が増えても影響はないでしょうか はい...

  • Avatar

    Yusuke Nakaさんがコメントを作成しました:

    通信状況が良くなく、SkyWayのシグナリングサーバとの接続がイレギュラーな形で切れてしまうの事象が発生した場合、一定期間、同じPeerIDで再接続できなくなる可能性があります。通話の度に動的にPeerIDを生成すると、そういう心配がなくなります。